女性の脱毛原因とは②

前回は女性特有の脱毛3症状のひとつめ、びまん性脱毛症の内容をリポートしましたが、
今回は残りのふたつである牽引性脱毛症と脂漏性脱毛症についてリポートします。

続きを読む

女性の脱毛原因とは

前回、女性のための薄毛の悩みについて触れたが、折角なので

女性の薄毛の症状や原因について、より細かくリポートしようと思う。

女性特有の脱毛に関しては、びまん性脱毛症、牽引性脱毛症、脂漏性脱毛症の3つが挙げられる。

まず、びまん性脱毛症について。
続きを読む

気になる頭髪ニュース ~女性にも増えている薄毛の悩み~

体毛の発育には、テストステロン(男性ホルモン)とエストロゲン(女性ホルモン)が必要とされる。
テストステロンは5αリダクターゼ(還元酵素)と結び付き、ジヒドロテストロン(DHT)という強活性のホルモンに変換してしまう働きがある。
このジヒドロテストロン(DHT)が、男性型脱毛症を引き起こしてしまう元となっている。
より影響を受けやすいのが前頭部と頭頂部で、男性特有の、いわゆる”ハゲ”の原因であるとされる。

一方、女性では、頭髪が全体的に薄くなってしまう「びまん性脱毛症」が特徴的だ。
続きを読む

植毛手術で失敗したな~と思っている方へ

今回、私は自毛植毛手術を受けた。
細やかなカウンセリングはもちろんのこと、親身になって話を聞き、
私にあった植毛処置をしてくれた医師。
そのおかげで、現在の私の頭髪は満足のいくものとなりつつある。

しかし、他院で自毛植毛手術を行なった方のなかには、
けっして満足のいく仕上がりでない人もいるだろう。
医師により、ドナー採取時の範囲選定、採取法による空白地帯の大きさ、バラつきなど…。
続きを読む

発毛ニュース~亜鉛は発毛に効くのか?

「亜鉛を摂取すると発毛に効果的!」
このような話を聞いたことはないだろうか?

かく言う私も、自毛植毛手術を行なう以前、亜鉛のサプリメントを積極的に摂取していた時期がありました。

確かに、毛髪は人体の蛋白質を材料にして生えてくる。
そしてその際、亜鉛は必要不可欠な成分であることは確かだ。

しかし、前頭部や頭頂部などの薄毛や抜け毛は、細胞分裂の生成を阻害し毛包を萎縮させ、
皮脂線と毛乳頭の毛母細胞の作用を低下させるDHT(ジヒドロテストステロン)が原因であるため、亜鉛だけを摂取していればいいというわけではない。
続きを読む

緊急事態!? 植毛した毛髪の脱落

親和クリニック大阪にて、自毛植毛手術を行なったが、手術後20日ほどが経過したころに、植毛した部位の毛髪が抜けるという事態が発生した。

しかし、これは良くおこる現象であるらしい。

私の場合、手術時に後頭部の髪の毛をバリカンで短めに刈り、そこからドナー(移植するための毛根・株)をくり抜くように採取して気になる部位に移植した。その移植した株から生えていた毛髪が、手術後に一定期間が経過することで一時的に脱落してしまった。

続きを読む

自毛植毛手術後の洗髪について

自毛植毛手術を終えて3日間は、シャワーを直接、患部へあてることはしないように注意。
今回は術後しばらく経過してからの、洗髪の仕方についてお話しします。

まずは、患部に巻かれた包帯を取り、後頭部のヘアシートは自分で装着できないので外さずに、シャワーをごく弱めにして頭部へ。
続きを読む

自毛植毛手術翌日~帰宅してからの注意点

自毛植毛手術を終えた翌日、クリニックで再診をしてもらった私。
これからは1週間ほど、植毛した患部を極力、いたわる生活を心がけていくことになる。

再診後にクリニックを出た時点で、時間はまだお昼時。
少しお腹がすいていたので、近場で食事を済ませようかとも思ったが、包帯が巻かれた頭部がどうにも気になってしまう。
前日の局部麻酔の影響もなく、術後の頭部の痛みも気にならず元気であったのだが、
続きを読む

かつら の よもやま話

薄毛で悩んでいた私が解決を心に決めたとき、その選択肢として考えたのが
[かつら・自毛植毛・プロペシアなどの服薬]の3つの手段だ。

それぞれの方法をいろいろと調べた結果、最終的に自毛植毛を選択したのだが、
現在ではプロペシアなどの服用も併用して行なっている。
せっかく植毛した頭髪なのだから、大切に育てないと。

というわけで今回は、私がかつらを選ばなかった理由を記したいと思います。
続きを読む

自毛植毛手術に挑戦 その5

今回は手術翌日にある最終確認時の様子をリポートする。

手術の翌日、まずは前日の手術後にチェックインしたホテルの一室で起床。
ここで振り返ると、宿をとっておいたことは正解だった。
私の自宅は親和クリニック大阪のある北新地からやや離れてはいるが、同じ大阪。
帰宅しようと思えばできたのだが、手術直後に感じた気だるさ、そして手術翌日の再診を
考慮すると、クリニックに近い場所で宿泊し、すぐに身体を休められたことは良かったように思う。
続きを読む