育毛系商品のアルコール含有について

世に出回っている育毛剤や育毛トニックにはなどの商品には、アルコールが含まれているものが多いというのはご存じでしょうか。
私は日々、使用していたにもかかわらず、これに気付いたのはつい最近でした。
アルコールには皮膚に刺激を与える成分も含まれているので、肌の弱い方や肌がアトピー性の方には不向きなのではないか。
身体の皮膚のなかでもとりわけ頭皮は敏感ですので、なおさらアルコールによる刺激は抑えたほうが良いのではないかと、自毛植毛手術をした私などは思うのですが。

では、なぜ育毛系の商品(以下、育毛剤)にはアルコールが使用されているのか?
続きを読む

温泉水の研究から生まれた育毛剤??

温泉にゆっくり浸かって日ごろの疲れを癒す。日本人ならではのリラックス法ですよね。
ゆったりと湯に浸かると、ストレスも吹き飛んでしまいます。女性にとっては、美肌の湯なんていうのも魅力的です。
そんな温泉の成分(温泉ミネラル)を配合した、育毛剤が発売されています。自毛植毛手術をした自分の髪ににも役立てられる情報であることを期待して調べてみることにしました。
続きを読む

薄毛に良い?!プラセンタってナンダ? 気になったので調べてみました

自毛植毛した髪を永く維持するための情報を探して、いつも通り、発毛・育毛関連のニュースや商品をチェックしていたところ、「馬(豚)プラセンタ」というモノにぶち当たりました。何だそれ?ということで詳細を調査してみましたのでご報告します。
続きを読む

遺伝子検査つきの育毛剤!?

遺伝子検査を受けることが前提となる育毛剤の販売ページを発見しました。
その名はPersona(ペルソナ)。
ユーザーの遺伝子を詳細に検査して、DNA情報を読み取り、男性ホルモンの影響の受けやすさの目安となるアンドロゲンレセプター受容体をチェック。
その遺伝的傾向や遺伝レベルの強さを確認し、最も有効な育毛剤を届けてくれるといった内容となっているそうです。 続きを読む

喫煙の問題、大問題!?

先日、仕事の関係で久しぶりに東京へ出向いた私なのですが、
その際に高校生時代の友人と、これまた久しぶりに再会しました。会わなかった期間なんと15年。
しかし青春時代をともにした友人ですので、15年のブランクなど微塵も感じなかったですね。
やはり気の置けない友人と言うものは良いものです。あっという間に、あの頃へ引き戻されます。
再会時の第一声は、お互いが声を揃えて「おまえ老けたなぁ~」でしたが。 続きを読む

自毛植毛手術のその後~頭皮の硬化について~

親和クリニック大阪にて自毛植毛手術を行ない、もうすぐ2年が経過しようとしています。
移植した毛髪はグングンと成長し、すっかりハゲていた部分を覆い隠しています。
これも、日々のケアや処方してもらっている薬のおかげだと思っています。
今回ご報告するのは移植した毛髪のことではなくて、その基本となる頭皮についてです。 続きを読む

なにかと話題の「湯シャン」ってナンダ?

シャンプーやリンス、コンディショナーなどを使わず、お湯だけで頭部を洗浄する「湯シャン」。
これは、頭髪のケアにとって有効であるという情報を入手しました。

とは言え、髪の汚れはシャンプーの有効成分で落とすもので、リンスやコンディショナーで毛髪のケアをするというのが通例だという固定概念がある私には、どうにも納得できない。
以前タモリ氏がテレビ番組で、石鹸やシャンプーなどを使わずにお湯だけで身体を洗っているという話は聞いたことがあるのですが、それも半信半疑で……。 続きを読む

夏の日射しは要注意!

少し前の話になりますが、毎年7月7日は「川の日」だそうです。

河川の持つ魅力を広く知ってもらうため、旧河川法及び砂防法の制定により確立された
近代河川制度の100周年にあたる、平成8年度から7月7日を「川の日」として制定したそうです。
牽牛と織姫が一年に一度、天の川で会える七夕も7月7日ですから、川に縁がある日なのですね。

そんな川で、夏と言えば、やはりバーベキューではないでしょうか。 続きを読む

「サクセス」でガンダムグッズが当たる!?

先日、いつものようにドラッグストアで育毛商品を物色していたところ、
ガンダムがデザインされた花王のサクセスを発見しました。
なんだコレと手に取ってみたところ、どうやら現在、花王「サクセス」と
ガンダムがコラボしている模様。
すぐに外へ出てスマホで詳細をチェックしてみると、以下のことが判明。 続きを読む

育毛ニュース~育毛に不可欠な亜鉛、その新たな役割を解明

私たちの毛髪を構成している主成分はケラチンタンパク質という物質で、
食物として体内に摂取したタンパク質を、ケラチンタンパク質に再構成する働きをするもの、それが亜鉛です。
また亜鉛は抜け毛や薄毛の原因となる「DHT(Dihydrotestosterone=ジヒドロテストステロン)」の抑制にも効果があるとされています。
そんな亜鉛ですが、実は人間の体内で生成することはできません。 続きを読む