毛髪を体外で作ることに成功

横浜国立大学の福田淳二教授らのグループが、マウス実験を行い体外で人工的に髪の毛を作り出すことに成功したと発表しました。

参考:NHK
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20221022/1000086075.html

横浜国立大学:生体外で高効率に長毛を生み出す 毛包オルガノイドの作製技術を開発 (PDF文書)
https://www.ynu.ac.jp/hus/koho/28803/34_28803_1_1_221024094852.pdf

続きを読む

何事も早期の対処が解決への近道

ここ数年、夏の終わり付近では天候が不順になることが多く、ほんの短い秋を経過していきなり冬がやってくるという印象です。
私は10月に入って在宅時にくしゃみや鼻水が頻発。風邪かなと思いつつ外出でマスクをつけたらピタリと止まるという状態で、秋口に発生する花粉の影響だと気づきました。
思い込みというのは往々にしてあることで、病気や症状といったものは素人判断で決めつけては危険な場合もあります。
それは症状が脱毛現象の場合でもそれは同様です。

続きを読む

インドネシア発 薄毛を克服する方法!?


インドネシアの医療・健康情報サイト「Alodokter」にて、男性の薄毛症状について解説しているページをみつけましたのでご紹介します。
インドネシアでも日本と同様に、男性の薄毛に関しては関心を寄せる方が多いようです。

参考:Alodokter
https://www.alodokter.com/kenali-cara-mengatasi-kebotakan-dari-yang-alami-hingga-obat-obatan

続きを読む

トピックス 8月17日 週刊新潮 親和クリニック銀座院院長コメント

週刊新潮(8月17日発売号)を見ていたら、親和クリニックのことがインフォメーションに掲載されていました。
参考まで。

 

幸せのホルモンってなんだ?

最近、セロトニンというホルモンが話題です。
セロトニンにとは生理活性アミンの一種で、中枢神経系の伝達物質として働いています。脳機能の調節において重要な役割を果たすと考えられていますが、生体内の大部分のセロトニンは末梢に存在し、血管収縮、腸管蠕動運動、血小板凝縮などの調節因子として末梢でも多様な作用を持つと言います。
ただ、こう説明されてもその働きはなかなか具体的にイメージできないかと思います。

続きを読む

8月16日に親和クリニック銀座院オープン

親和クリニックのHPを見ていたら、銀座院オープンの情報。銀座院を受診するだけで、先着100名様に以前紹介した「薄毛は医療で治す」をプレゼントされるそう。

東京に所要のある方は、ちょっと寄ってみては。

続きを読む

頭皮の日焼けにご用心

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)に悩まされて3年目に突入しました。
様変わりした生活様式にもすっかり慣れてきましたが、世間ではマスクがどうとかワクチンがどうと相も変わらず騒がしいです。
そんな状況ではありますが、天候や気温の変動が激しい年になりそうです。
6月の段階で気域によっては猛暑日が記録されたり、異例の速さで梅雨が明けたりしました。
政府から節電や節ガスの呼びかけがなされ、この夏を乗り切るには様々な難題が課せられているような気がします。

続きを読む

トピックス ZAKZAK(6月24日配信:産経新聞社) 「自毛植毛は何度も生えるんですか?」ミス夕刊フジ子・奥村美香が直撃! 図師氏「引っ越しでの薄毛解消法なので生涯にわたって生え続けます」

4月8日の記事の続編みたいな記事があったので、紹介します。

「自毛植毛は何度も生えるんですか?」ミス夕刊フジ子・奥村美香が直撃! 図師氏「引っ越しでの薄毛解消法なので生涯にわたって生え続けます」(1/2ページ) – zakzak:夕刊フジ公式サイト

ウィルス由来の皮膚の病気とは

全国的に3回目のワクチン接種が進んでおり、近頃では4回目もあるのではないかと噂されている新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の猛威です。
そんなコロナ以外にも我々大人を悩ませる厄介なウィルス由来の病気があるというのです。
それが帯状疱疹です。

参考:公益社団法人日本皮膚科学会
https://www.dermatol.or.jp/qa/qa5/q11.html

続きを読む

無意識な誹謗中傷

人の容姿(見た目)やオリジナリティ、性的指向などを揶揄するようなハラスメント的発言(暴言)を止めようということは、世界的なムーブメントになっています。
記憶に新しいところでは、3月にアメリカで行なわれたアカデミー賞授賞式において、俳優のウィル・スミスがコメディアンのクリス・ロック氏を平手打ちをしたことで、今後10年間関連式典などへの出席が禁止とされた事件がありました。
この件は周知の通り、クリス氏が脱毛症であるスミス夫人であるジェイダ・ピンケット・スミスの髪型をジョークとして笑い飛ばしたことが原因とされています。

この事件とも関連付けられますが、世界的な経済誌であるForbesの日本版であるForbes JAPAN(フォーブス ジャパン)では、薄毛イジリによる「髪(薄毛)ハラスメント(髪ハラ)」に関するアンケート結果の記事が掲載されていました。

参考:Forbes JAPAN
https://forbesjapan.com/articles/detail/47539

続きを読む